【肋骨広がりウエストきゅっ・逆三角形】

【肋骨広がりウエストきゅっ・逆三角形】

前脚がムキムキでウエストがきゅっと
細いわんちゃんを見かける事ありませんか?

細マッチョだねー!って言いがちだけど、
それ肩甲骨の動きが悪くなって
肋骨が肩甲骨に引っ張られてるかもですよ。

そのせいで、呼吸も浅くなっているかもです

今日ご紹介のわんちゃんはフレンチブルくん10歳

4、5年前に
胸椎3.4.5番あたりを手術したそうで

今は後足はあまり使えずほぼ前足で歩いています

その為、肩甲骨周りの筋肉がとても発達し、
ものすごーく凝り固まっていました

前脚を駆使し続けた結果、肩甲骨は立ち
(推進力を生みだす方向にかたまり)

前引(胸郭の前に)しちゃっていました。

オペして4.5年、
それよりもっと前からの積み重ねですから、
1度ではなかなかほぐれきれず

飼い主様も頑張って下さり、
肩甲骨の周りの筋肉に引っ張られて
広がっていた肋骨が動くようになりました
(肋骨は呼吸する時動きます)


肩甲骨周りの筋肉がほぐれ、
肩甲骨が動くようになったため

歩く時、身体をひねりながらしか
前脚を出せなかった歩き方も
アフターは改善しています


ビフォーは左前足を前に出す時に
体を浮かせ右に捻り前に出しています。
アフターは体幹がぶれてない
(画像2枚目)

以下は呼吸する時の、
肋骨の動きです(上から見た図)
(画像4枚目)


吐く時には背骨に対してしっぽ側、
吸うときは頭側に動きます

犬は鎖骨がなく、
肩甲骨は胴体と筋肉でしかつながってません

前脚を駆使し、肩甲骨が立って、
胸郭の前にスライドしてしまったら

その筋肉たちにより、
肋骨も頭側へ引っ張られて
結果広がったようになってしまうのです

吸う方向にかたまってるから、しっかり吐けない。
しっかり吐けないから吸い込めない

呼吸が浅くなってしまいます


ウエストのくびれがなだらかになったのは、
太ったからではありません。

2回目と5回目の間隔は3週間。

画像のように(3枚目)
ウエストのくびれが、
なだらかになったのは

肩甲骨があるべきところに戻り、
肋骨も動くようになったから

フレンチさんだからほかの犬より呼吸は
荒くなりやすいけど

寝ているときのブーブーは静かになったと
飼い主様がお話しされていました

後足がうまく使えないからこそ、
長ーく自力で歩いてもらうために

前脚のケアは必須です。

整体予約&お問い合わせはこちら

pagetop